Happy Ashtanga

My schedule has been updated.

There are more classes at new studio in Ala Moana area.

Also I have been working on Mysore program at Yoga Hawaii as well as two led classes.

Please check class information page for the details.

クラススケジュールがアップデートされています。

新しいアラモアナ付近のスタジオにて新しいクラスを担当、そしてヨガハワイでは今まで通りのレッドクラスに加えてマイソールプログラムにもアシスタントとして参加しています。

クラスインフォメーションページをご参照ください。

This is great book for ashtanga practitioners.

Guruji

There have been so many quotes I like.

And here is the one which gives you the most simple answer for your question, what is yoga?

“the key to ashtanga practice is bhakti, which is devotion or love. Bhakti is probably the closest thing to what yoga is.”

Yoga is the way to find yourself, or yoga is the essence of your life, yoga is the way to be healthy, etc etc.

Yoga could be anything, the important thing how you accept.

But this is basic, yoga is love.

アシュタンガをしている人にはとてもおすすめの本、グルジのことを周囲の人が語った本があります。

その名もGuruji

素敵な引用がたくさんありますが、ヨガとはなんぞや、という誰もが感じている問いに最もシンプルな答えをくれる、こんな一文が。

“the key to ashtanga practice is bhakti, which is devotion or love. Bhakti is probably the closest thing to what yoga is.”

”アシュタンガの練習の鍵となるのはバクティ、サンスクリットで愛とか没頭するという意味になる。このバクティという言葉がおそらくヨガとは何かというものを一番表しているような気がする”

ヨガとは本来の自分を探すツールである、とか、人生の基盤であるとか、健康をもたらすものだとか、色々見方はあるけれど。

どのようにも解釈できる、ヨガ。

でも何が一番基本かというと、やっぱりこれです。

愛。

We had the great outcome of this charity yoga, Sunrise for Japan on Saturday March 26th.
I was a little worried because the day we planned was actually the day of Kuhio day parade, so many parking space were closed for it.

We don’t want the parade music while we are doing yoga either.

However it was too late to reschedule it as I found out it after we announced to all.

 

My partner Yuko and I got the site early, and found out there were no one yet, no music around.

Since the weather was little unstable, we secured our spot under the big tree so that shower would not bother us.

The people started to show up a little before 9:30, ended up having 23 people.

 

I led the first half of standing posture, Yuko then did seated posture.

We did very basic sequence with slow pace, with deep breathing.

I have to say, I myself really enjoyed it, my whole body was stretched comfortably, especially I have been seriously torturing my body at Ashtanga practice.

The people were mixed, some were regular students and some were totally beginner, but they all seemed to have good time.

 

An hour class is really quick.

We gave them the resting time, along with our light massage.

I wish I could take the rest too, to be honest….I felt a lot of prana, in my body and heart.

At the end, we made the circle and sent our thoughts to Japan.

Hopefully they travel all the way to Japan, people who are still suffering.

Our donation so far sums up 270$.

We will wait one more event which is planned on this weekend, and will send them to Japan.

 

Thank you everyone for coming!

 

ちょっと下調べが甘く、私達がチャリティヨガを計画した土曜日、なんとクヒオデーパレードと重なってしまった。
せっかくパーキングの前にしたのに、そのパーキングもパレードのために閉鎖。
しかもここのところ強風が続いていて朝は雨も降るので、大丈夫かしら…と不安な気持ちで迎えた今日。

お天気は一応晴れ、風は強いけど。
パーキングも奥のほう半分は使えることを前日確認しておいたので、その旨メールしておいた。
早めに公園に行くと、タイチをやってるお年寄り以外、がらがら。
大きな木の下、とても良い場所をゲット。
これなら多少雨が降っても大丈夫。

9時半ちょいと前から少しずつ人が集まり、いつも私のOpen Airにきてくれているメンバー、プライベートの生徒さん、そして一緒に企画したYちゃんのお友達やらやらが集って結構な人数に。
私達2人の大、大、大先生ルパリも来てくれて感激、そして2人とも緊張(笑)。
なんてったって大先生に教えるなんてね、初めてです。


私は前半を担当、呼吸からはじまって軽く体をウォーミングアップ、1時間って意外とあっという間なのでそんなに沢山のポーズはいれられない。
初心者でもできる、でもしっかりと体を使うシンプルなシークエンスに。

後半はYちゃんにバトンタッチで座ったポーズ。
彼女は現在マタニティクラスを教えているのもあり、体に負担なく伸ばすシークエンスが得意。
ちょっと無理して?悲鳴をあげてる私の背中もぐぐーーっと伸ばせて、とっても気持ちいい!
最後にシャバーサナ、2人で端から軽いマッサージをして、終了。

金額は問わず、お気持ちだけということで日本への寄付を募った。
21名の参加で、みにきてくれたお友達も寄付してくれたりしで、今日で270㌦の寄付があつまりました、感謝です♪
これに来週ヨガハワイでやるイベントの寄付金をあわせて、日本に送ります…待っててね、僅かだけど。

最後は輪になってみんなで日本へ私達の想いを送った…ちゃんととどいたかな。

 

There has been about 10 days since the big earthquake happened in Japan.

Fortunately my family, close friends are okay, but so many precious lives are gone.

They are still suffered many ways, no houses, no foods or water, no gas, no power, being scared by nuclear power plant accident.

We are here in Hawaii.

We have water, foods and gas even though they are getting more and more expensive.

What we can do for people we love.

Something we can.

Charity yoga class.

Pray for Japan and send love from Hawaii.

Come join us on Saturday, 3/26 at 9:30 at Kapiolani park, makai of Waikiki shell.

Why do I like Ashtanga Yoga?

That was a question I was asked when I was interviewed a couple days ago for our studio’s promotion on a local TV station.
The experience made me realize again what a bad speaker I am.
I wish she had given me the question in advance so that I could think over how I would answer it.
But all I had was 6 minutes and the interviewer and cameraman in front of me.

The interviewer started off with some pretty normal questions. How did I get into yoga, what do I think of this studio, how would I describe the studio with one word?
Then, here it comes.

Why do you like Ashtanga yoga?

Well, I have hundreds of reasons.
But I could not explain well enough, to make them feel my passion.
First of all I simply love it.
Every single element of it.
That completed sequence, strong breath, constancy and repetition.
It leads you deep inside yourself, to amazing focus.
Just being yourself.
Physically and mentally challenging, but really rewarding.

Oh, right now, I can think of so many reasons!
Maybe I am better in writing than speaking.
I don’t even remember what I said to her. Hopefully she got some of sense of how I feel and what I think. (And edit they can always edit my part if they need to!)
The last question she asked me is what I wanted to say about yoga in general.
I said, yoga is life, all about finding myself and being myself.
This is what I have been looking for.
Yoga is for everyone, and I am teaching because I want everyone to understand that.

Now I am ready to get the interview……

 

友達に言ったら『は?』と言われそうだけど…私はやっぱり『口下手』だと思う。

先日、私の働くヨガスタジオでプロモーションビデオを撮影するから時間がある人は集合!とのお達しが。
なんでも最近はいった新しいスタッフの1人が、ハワイローカル有名な大家族の末っ子、ローカルテレビを放映していてそれに紹介したいのだそうだ。
映る気はさらさらなかったんだけど、やっぱり見に行かなくちゃ、何かお手伝いすることがあるかも、と行ってみた。


うちのダディ曰く『カラフルすぎる』スタジオ(笑)、この赤いオームの壁はかなり有名。
ライトもセットされて、なんだか本格的!
すでに前のクラスでレッスン風景の撮影はすんでいて、この後は先生たちを順にインタビューしていくらしい。
もちろん英語だし、私はケッコウです、という感じで他の先生とおしゃべり。
崇拝してやまないマイソールの先生A到着、彼はインタビューの前にデモ。
すばらしい、ウォームアップもしてないのに。

そこで満足して、さあ帰ろう、としたら天使の笑顔でルパリがYou won’t do it?インタビュー受けないの?と。
彼 女に言われるととにかくノーと言えない私、なんてったてThis is very important for ME to including you!(私にとってMIZUHOがインタビュー受けてくれることはとっても大事なのよ!)だもん…そんなこと言われたら、つたない英語でもいいです か?って図々しく受ける気になってしまうというものだ。

時間は6分程度らしい、何を聞かれるのかどきどき。
どうしてヨガを始めたのか、このスタジオについてどう思うか、一言であらわすとしたら何というか、などなど。
普段友達と話していたらすらすらかっこいいことが言えるのに、カメラを向けられて聞かれるとしどろもどろ。
多分めちゃくちゃな英語になってただろうな。
そして、私がアシュタンガを教えてるということで、インタビュアーから聞かれたこと。
Why do you like Ashtanga? (どうしてアシュタンガが好きなの?)

一瞬言葉につまった。
何故?
何故って…好きだから!…ってそれじゃちびっこの答えじゃん!
そこには山のような理由があって、でもいざ聞かれるとそれをうまく伝えることが難しい。
激しい動きで有名なアシュタンガ、私にとってはとても理にかなっているシークエンス、自分の深いところにはいって集中することができる。
繰り替えし同じシークエンスを練習することで飽きるどころか、毎回新しい発見がある。
何も考えずに自分の呼吸と向き合うことができる。
身体的精神的、限界に近いところまで自分をもっていく喜び…なんだ、こう書いていると色々でてくるじゃん…。

そしてヨガそのものに対して、何かメッセージは?と聞かれた。
私にとって、長い間ずっと探していたものをみつけた、それがヨガ。
自分自身になれる、自分と向きあう時間。
趣味も他にあるし、仕事も色々なことをやってきた、でも自分の奥のほうから熱を発するように感じるもの、それに出会ったという感じ。
上手下手という問題じゃなくて、自分をさらけだすことができる貴重なもの。

どれだけ私の気持ちが伝えられたかわからない、やっぱり私はしゃべるのが下手だなあと実感。
家に帰ってその話を彼にしたら、You should think about those all the time because you are teaching it, this is your business.と言われてしまった。
私は教えているのだから、それを伝えるために常にそのくらいのこと考えて準備しとかなくちゃだめだよ、とのこと。
いわゆる自分をプレゼンテーションする、なるほどね、これは今後の課題ですな。


新しくオープンする小さなスタジオ、皆の手で改装され完成間近。

一言でヨガハワイを現すとしたら何?という問いには
Heart full Studio!
温かくて先生、生徒さんみんな、心が深い。
そんなところで働かせてもらっている私はほんとうにラッキーです。

It was really wonderful way to start new  year.

We have celebrated 2011 with Mala of Blessings, 108 Sun salutations.

Why 108?

It is said, human beings are born with 108 desires.

In Buddhism pray beads called Juzu, have 108 beads, and also for the bells called Joya no Kane in Japan are 108.

There is the formula based on our 6 senses: eyes, ears, mouth, nose, and skin, mind.

6 senses x 3 aspects of time : past, present and future.

18 x 2 characteristics of one’s heat : pure or impure.

36 x 3 preferences : like, dislike or indifferent.

So 108 is not simple number someone just decides.

108 sun salutation for yoga for new year means to purify your mind and body and pray wonderful new start of year.

I was honored to lead one of the part at this class, 27 times of sun salutation.

The room was packed with people, positive energy.

It is not important to keep moving for all 108 times, but receiving amazing circulation of Prana (energy, Ki) and also washing away your negative energy from the past.

Some people took rest and meditated, and some kept moving.

108 times, even though they were not all strong movement, it was tough enough to empty your less important thoughts and filled new fresh energy.

Warm hearts and energy.

Great start for 2011.

Thank you for all of you who shared this with me.

Namaste.

2011年のスタートはMala of Blessingsという108回の大陽礼拝をするスペシャルクラスからスタートしました。

さて、何故108回、なんでしょうか。

108回といえば日本人には除夜の鐘でお馴染みですが、他にも数珠の珠の数も実は108個、108には意味があるのです。

人間は108の煩悩を持って産まれてくると言われています。

この108という数、こんな方程式が成り立っています。

人間がもつ感覚、目(視覚)、耳(聴覚)、口(味覚)、鼻(嗅覚)、肌(感触)、そして心(知覚)、これが6つ)。

この6×3つの時間、現在、過去、未来で18。

18×2つの人間の内面、純粋か不純か、これで36。

36×3つの人間の好み、好き、嫌い、そして無関心ということ。

イコール108。

108という数は誰かが勝手に決めたわけではなくて、きちんと意味があってできた数。

ヨガにおいては、新年に108回の大陽礼拝をすることで、体も心も洗い流し、新たに新年をスタートするという意味があります。

108回の大陽礼拝を、4人のインストラクターがそれぞれ27回ずつリードするというクラス、私もそのうちの1人としてやらせてもらいました。

スタジオは満員、熱気が漲っています。

108回すべてやり通すことが大切なのではなくて、その場にいて沢山のエネルギーや気を受けとること、そして過去の不要なものを洗い流すことが目的。

途中で休む人もいるし、瞑想にはいる人もいる、そしてずっと動き続ける人もいます。

108回の大陽礼拝、中にはゆるめの動きもありましたが、それでも自分の心を空っぽにするには十分、力強いエネルギーを沢山充電することができました。

温かいエネルギーと心に満たされた空間。

本当に素晴らしい一年の始まりです。

参加してくださった皆様に感謝の心を込めて。

ナマステ

I wonder, is perfect really good thing?

There is hardly anything which is perfect.

People, products, timing, etc.

And your dream.

How you want to be, what you want to do.

Do you want to be perfect?

Or do you want to be content with yourself as you are now.

I have been learning a lot how difficult it is to be content with yourself.

One of my favorite words is:

Santosha

This is a concept taught by Pantanjali, compiler of the Yoga Sutras.

It means being satisfied with who you are.

I used to think this way: if I am content who I am, how I am now, then I would stop trying to be better.

I should be hard on myself, to improve myself more and more.

Then I start to realize I won’t be totally satisfied with what I am doing, because I will never be my ideal self.

However, if I can feel content about myself, who I am and everything I have been through so far, accepting all of it, then there will still be space for me to try something more.

Love yourself and also trust yourself, you can probably do it a bit more.

Recognizing your imperfection is true gratitude.

 

完璧ということ、それはどういうことなんだろう。

完璧なことって、意外と存在しない。

私達人間の性格にしろ、製品、物事のタイミング。

それに、自分がどうありたいか、何をしたいのか、などの夢も。

完璧な人間というのを目指すのか、自分自身に満足したいと思うのか。

 

自分自身に満足するということは、実はとても難しい。

私のお気に入りの言葉の一つに、サントーシャというのがある。

ヨガスートラを学んだときに心に残ったものの一つ。

意味としては、今の自分をそのまま受け入れて満足するということ。

かつて私はこう考えていた。

もし今の自分に満足してしまったら、それ以上努力しようとは思わないのではないか。

自分に厳しく、もっともっと、さらに上を目指すべきなのではないか。

年を重ね、人の親になり、そしてヨガの世界を学び、少しずつ違うことが見えてくる。

恐らく自分に完全に満足するということは、ないのだ、自分が描く完璧な自分自身というものには、たどり着けない。

けれど今まで自分が通って来た道、成し遂げてきたことを受け入れて満足することができたら、そこにはまださらに自分を磨くスペースも残されている。

自分を愛すること、そして信じること、もう少しだけがんばればきっともう少しだけ成し遂げることもある。

完璧でない、ということは、実はとてもありがたいことだったりする。

 

 


  • None

Categories