Happy Ashtanga

Archive for February 2011

Why do I like Ashtanga Yoga?

That was a question I was asked when I was interviewed a couple days ago for our studio’s promotion on a local TV station.
The experience made me realize again what a bad speaker I am.
I wish she had given me the question in advance so that I could think over how I would answer it.
But all I had was 6 minutes and the interviewer and cameraman in front of me.

The interviewer started off with some pretty normal questions. How did I get into yoga, what do I think of this studio, how would I describe the studio with one word?
Then, here it comes.

Why do you like Ashtanga yoga?

Well, I have hundreds of reasons.
But I could not explain well enough, to make them feel my passion.
First of all I simply love it.
Every single element of it.
That completed sequence, strong breath, constancy and repetition.
It leads you deep inside yourself, to amazing focus.
Just being yourself.
Physically and mentally challenging, but really rewarding.

Oh, right now, I can think of so many reasons!
Maybe I am better in writing than speaking.
I don’t even remember what I said to her. Hopefully she got some of sense of how I feel and what I think. (And edit they can always edit my part if they need to!)
The last question she asked me is what I wanted to say about yoga in general.
I said, yoga is life, all about finding myself and being myself.
This is what I have been looking for.
Yoga is for everyone, and I am teaching because I want everyone to understand that.

Now I am ready to get the interview……

 

友達に言ったら『は?』と言われそうだけど…私はやっぱり『口下手』だと思う。

先日、私の働くヨガスタジオでプロモーションビデオを撮影するから時間がある人は集合!とのお達しが。
なんでも最近はいった新しいスタッフの1人が、ハワイローカル有名な大家族の末っ子、ローカルテレビを放映していてそれに紹介したいのだそうだ。
映る気はさらさらなかったんだけど、やっぱり見に行かなくちゃ、何かお手伝いすることがあるかも、と行ってみた。


うちのダディ曰く『カラフルすぎる』スタジオ(笑)、この赤いオームの壁はかなり有名。
ライトもセットされて、なんだか本格的!
すでに前のクラスでレッスン風景の撮影はすんでいて、この後は先生たちを順にインタビューしていくらしい。
もちろん英語だし、私はケッコウです、という感じで他の先生とおしゃべり。
崇拝してやまないマイソールの先生A到着、彼はインタビューの前にデモ。
すばらしい、ウォームアップもしてないのに。

そこで満足して、さあ帰ろう、としたら天使の笑顔でルパリがYou won’t do it?インタビュー受けないの?と。
彼 女に言われるととにかくノーと言えない私、なんてったてThis is very important for ME to including you!(私にとってMIZUHOがインタビュー受けてくれることはとっても大事なのよ!)だもん…そんなこと言われたら、つたない英語でもいいです か?って図々しく受ける気になってしまうというものだ。

時間は6分程度らしい、何を聞かれるのかどきどき。
どうしてヨガを始めたのか、このスタジオについてどう思うか、一言であらわすとしたら何というか、などなど。
普段友達と話していたらすらすらかっこいいことが言えるのに、カメラを向けられて聞かれるとしどろもどろ。
多分めちゃくちゃな英語になってただろうな。
そして、私がアシュタンガを教えてるということで、インタビュアーから聞かれたこと。
Why do you like Ashtanga? (どうしてアシュタンガが好きなの?)

一瞬言葉につまった。
何故?
何故って…好きだから!…ってそれじゃちびっこの答えじゃん!
そこには山のような理由があって、でもいざ聞かれるとそれをうまく伝えることが難しい。
激しい動きで有名なアシュタンガ、私にとってはとても理にかなっているシークエンス、自分の深いところにはいって集中することができる。
繰り替えし同じシークエンスを練習することで飽きるどころか、毎回新しい発見がある。
何も考えずに自分の呼吸と向き合うことができる。
身体的精神的、限界に近いところまで自分をもっていく喜び…なんだ、こう書いていると色々でてくるじゃん…。

そしてヨガそのものに対して、何かメッセージは?と聞かれた。
私にとって、長い間ずっと探していたものをみつけた、それがヨガ。
自分自身になれる、自分と向きあう時間。
趣味も他にあるし、仕事も色々なことをやってきた、でも自分の奥のほうから熱を発するように感じるもの、それに出会ったという感じ。
上手下手という問題じゃなくて、自分をさらけだすことができる貴重なもの。

どれだけ私の気持ちが伝えられたかわからない、やっぱり私はしゃべるのが下手だなあと実感。
家に帰ってその話を彼にしたら、You should think about those all the time because you are teaching it, this is your business.と言われてしまった。
私は教えているのだから、それを伝えるために常にそのくらいのこと考えて準備しとかなくちゃだめだよ、とのこと。
いわゆる自分をプレゼンテーションする、なるほどね、これは今後の課題ですな。


新しくオープンする小さなスタジオ、皆の手で改装され完成間近。

一言でヨガハワイを現すとしたら何?という問いには
Heart full Studio!
温かくて先生、生徒さんみんな、心が深い。
そんなところで働かせてもらっている私はほんとうにラッキーです。

Advertisements


  • None

Categories